身長の高さで勝負するか頭の良さで勝負するか?

日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均的な背の高さはしばらく変わっていません。1940年代に平均身長が一六〇cmだったのが2016年には一七〇cmという結果です。この期間では平均で一〇cm程度高くなっています。ただし近頃だけ見てみるとずっと変わりがありません。この事から日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均値はここまでだと言う意見とそうではないと言う意見に意見に分かれていて、どちらが正しいのかは誰も分かっていません。成長期に身長が伸びない要因は多岐にわたりますが生活習慣が原因である場合は改善できる可能性があるでしょうか。成長期に成長ホルモンの分泌が遅い場合は通常その後にずれ込むことになりますが何らかの原因で成長ホルモンが余り分泌されないと身長の伸びが鈍化します。そして生活習慣が乱れている場合は成長ホルモンの分泌が悪化していきます。寝る時間が遅い睡眠時間が少ない場合は成長ホルモン分泌を阻害される場合があります。第一次成長期は数え年2歳から始まる年齢でありこの成長期にお子さんは身長が2倍になります。その後はそれ程身長が伸びなくなっていきますが僅かにおお聴くなっていくので全く身長が大聴くならないワケではないです。それから身長が突如大聴くなるのは小学4~6年生あたりでありこれは第二次性徴期と言われています。このあたりが身長の伸びが最大になる頃でこの後になると成長が余り見られなくなります。身長が伸びない理由としてはテレビやゲームが原因だと言われることがあります。テレビやゲームが悪いのは睡眠不足になるからのようです。成長にとって睡眠不足は天敵でありコドモの頃から長時間眠った方が背が高くなる可能性が高まります。また中で遊ぶコドモは外で運動しなくなることが多いのでこれも身長が伸びない原因になってしまいます。遺伝と背の高さの影響は考えているより低いと言われています。一部の研究ではその影響力は25パーセントしかないと言われています。しかしながら背が高い親はそのコドモも背が大きいことが大半です。一方背が低い親からは背が低い子が育ちます。結果から見ると背の高さと遺伝の係わりは大きいのではないでしょうか。男女両方共18歳までで成長期が終わると考えて良いでしょう。ただまれに20歳を超えても成長する人がいますので背が伸びなかった場合でも諦めるのは早いかも知れません。ただ概ね20歳前後にはその人の最終的な身長が決まってしまいます。それまでにどれくらい身長を伸ばすかが勝負と言えるのではないでしょうか。ただ正しい知識を持って身長を伸ばす努力が必要で黙っていても身長はそれ程伸びないかも知れません。身長を伸ばすには蛋白質と亜鉛が重要という話があります。コドモの頃はそれを毎食取ることがとても高い効果があるという話もあります。次に体を動かすことも良いという話もありますが実際には全員が全員そうでもないことが分かっています。体を動かすと言えばすぐにスポーツを想起しますが児童が外で鬼ごっこしているだけでも効果ありだそうです。最後に寝ることも重要で身長が高い人の中には一日11時間も寝ているという話があります。低身長の定義とは一説には100人並べた平均値の前から2人くらいの身長が低身長の定義になります。そうだとすると低身長とはあくまでも比較対象の話に過ぎません。最も身長が低い2人を低身長と定義していますがちがう国に行けば別に身長が低いワケではなかったりします。ですから低身長だと定義されてもすぐに治療をするべきだとは言えないでしょう。余りにも身長が低い場合は治療が必要なのかも知れませんが。栄養が足りない状態は低身長の要因を作っていることになります。ここで言及する栄養とは身長を伸ばす体作りに必要な栄養素ということになります。大切な成長する時期に偏ったご飯をすることは成長する機会を失わせる原因になりかねません。さらに体を細くするためにご飯を減らすのも低身長の原因になる可能性が十分にあります。栄養バランスが良いご飯をすると低身長になりにくいかも知れません。身長を大聴くするためにプロテインは必要なのだろうか?プロテインを飲むことは誤りではないでしょう。身長プロテインは選択肢が多岐にわたるので難しいかも知れません。しかしながら、食べるだけでは摂れない栄養素がふくまれるプロテインを使用することで背丈を伸ばす後押しになると思います。さらに栄養価と共に安全かどうかも考慮してプロテインを選ぶと良いでしょう。

身長のための栄養サプリメントのランキングはこちらです